So-net無料ブログ作成
検索選択

痛っ!  [Dolphins]

ペイトリオッツ戦は、完敗。
まだまだあちらの方が一枚も二枚も上ですわ。
特にオフェンスは辛かったな~

まあ、気を取り直して来週からまた頑張りましょう!

しかし、なんとも痛いのがC.ウェイクとJ.ジェームスを失ってしまったこと。
ウェイクはシーズエンド、ジェームスは4~6週間の欠場とか…
この2人を欠くのはあまりに痛いですが、今のチームであればチーム一丸となって乗り切ってくれるものと信じます。

頑張れ、ドルフィンズ!


決戦!  [Dolphins]

さて、あと30分ほどでペイトリオッツ戦。
過去2戦のようにDLがライン戦を制し、ブレディにプレッシャーを掛けられるのか。
同様にOLミラーを走らせ、地上戦で主導権を握ることができるのか。
ターンオーバーを与えず、奪えるのか。

厳しい戦いでしょうが、おもいっきり弾けて欲しいです。
そうすれば結果もついてくるか…

3週間前は「サースディナイトでも今年は休暇を取らず、ライブ観戦はやめようか」と思っていましたけど、結局休暇を取りました。(笑)

爆勝!  [Dolphins]

第2Q入って1分4秒で35-0.
さらに1TD追加して、前半終了時で41-0.
こんなゲームは見たことが無い!
なんか、ノリノリな感じ。

以前と違って、選手がきちんとプレーをしている。
自分の役割を果たしている。
変われば変わるものですね。

タネヒルは先週から引き続いて25回連続パス成功のNFL記録を樹立、なんておまけも。

大差がつき、選手も落としていたこともあるけれど、後半のグダグダはちょっといただけなかったですね。
オフェンスは消極的になり、ディフェンスペナルティを連発。
得点を重ねる必要は無いけれど、きっちり時間を消費しないと。
そのあたりはまだまだ成熟したチームとは言えないですね。

とは言え、2週続けての快勝はキャンベル暫定HCになってこの上ないスタート。
次週からの敵地3連戦に良い形で臨めますね。

敵地で全勝のペイトリオッツとの対戦なんて、まあ厳しいゲームですけど、
当たって砕けろ!
そろそろ負けごろ、
一泡吹かせてやろうじゃありませんか。

Go Dolphins!

Nice Game ! [Dolphins]

うん、良いゲームでした。
チームの意気込みが感じられました。
相手が不調のタイタンズということはありましたが、新体制として最初の相手としては良かったと思います。
勝つことが薬ですから。

タネヒルの2インターセプトはいただけなかったけれど、最後に長いドライブをTDまで持っていったのは良かったですね。オフェンスは中盤以降ちょっと停滞していましたから。

L.ミラーが113ヤードを走り、チームとしてもランで180ヤードを獲得。
C.ウェイクが4サック、チームでも6サックで2ファンブルフォースはいずれもリカバー。
加えて、B.グライムスとR.ジョーンズがインターセプト。

オープンデイト明けということもあり、攻守共に良く考えられているなという印象を受けました。

そして、D.キャンベル
サイドラインの彼を見ていれば、何が変わったのか良くわかりますわ。

とは言え、そんなに甘いNFLではありません。
まだまだ厳しい状況は続くでしょう。
勝負は第8週からの5週間。
そのうち4試合はアウェイで、うち3試合は同地区ライバル。
ここをどう戦い抜けるかでしょう。

今日のところは、少し明るい気持ちになれました。

さて、どうなりますか?  [Dolphins]

キャンベルの初陣。
まあ、応援しましょう。
というか今週は勝ち負けよりも“変われるのかどうか”、それを見せてもらいたいと思います。
コーチの問題は大きいですが、選手だって考えなければいけない。
見せてもらいましょうか!
Go Dolphins!

フィルビン解雇!  [Dolphins]

まあ、当然でしょう。
というか、やはり作シーズンで見切っておくべきでした。
これでまた1シーズン無駄になりました。

そもそもHCの器では無い。
一昨年の“いじめ問題”だとか、昨年のM.ウォレスの出場拒否問題だとか、
コーチの問題でしょう。
その最終責任はHCにあります。
ゲームにおいても“勝負師”では無い。
毎年終盤に弱いし、
特に昨季の最後の2試合を見て強く思いました。

いまさら言っても仕方が無いですが…

代替コーチのD.キャンベルには期待はしていますよ。
よく知りませんが、若く情熱のある人のようですから。
でも攻守のコーディネーターがそのままではちょっとね。
それでも変わることができるのでしょうか?

そしてタネヒル!
パスのタッチがね~。
投げ込むパスは良いのだけれど、
長短とも浮かしたパスのセンスが無いのではないかと…

ジェッツも反則連発で、決して良かった訳ではないですからね。
少なくとも昨日のゲームに関して言えば、首脳陣の問題はあるにせよ、タネヒルがもう少しちゃんとしていたらなんとかなった部分はあったのではないかと…

まあ、もう今季は何も期待をせず温かく見守るしかないのですが、
本当に「死ぬまでにこのチームがスーパーボウルで勝つことを見ることができるのか?」
と思っています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。